-



犯罪症候群Season1 2話 ロケ地

2話「執着」
2017.4.15

「私は本気で人を殺そうとしたことがあります」
妹を殺した犯人を自らの手で殺し復讐しようとした武藤隆。
警察官でありながら抱いてしまったどす黒い感情に恐怖し、
二度と捜査には関わらないと警察を辞めたのだが、
そんな武藤の異常なまでの犯罪者への執着心を利用しようと近づく謎の男・環敬吾は、
武藤を再び捜査の現場へ引きずり出そうと手段を選ばなかった。
「自分の娘がいなくなったら、分かるかもしれませんね」環の言葉が武藤の耳にこびりつく。

武藤は、娘の真梨子が夜遅くまで繁華街をうろついた末に
警察に補導されたことまで環が把握していたことに戦慄する。
命令に背けば娘はただでは済まない…環はそう匂わせているのだ。
「やり方は自分で決めます。二度と娘に近づかないでください」
それだけ言い残し、武藤は怒りの形相で環の前から立ち去る。

子どもを誘拐し小額の身代金を確実に振り込ませる“小口誘拐”。
武藤は「身代金の要求額500万円がたまたま手元にあったから、娘を救えた」という
被害者の田村公平の言葉にひっかかるものを覚える。
500万円という要求額は“たまたま”だったのか…?
さらに事情を聞き出そうと田村家に接近を試みるが、
田村は、犯人を刺激し再び娘に危害が加えられることを警戒し、武藤の捜査を拒絶する。
それでも、被害者の気持ちが分かる武藤は…

そんな中、“小口誘拐”の首謀者「ジーニアス」は、さらなる計画を練っていた。
咲子は自分がまさか犯罪に加担しているなどとは疑いもせず
ジーニアスにより誘拐された子供たちの面倒を見ていたが、
どこからともなく子どもを連れて現れる後藤の粗暴さに
次第に不安と不信感を募らせていた。
そんな時、ニュースで誘拐事件を伝える報道を目にする…。

一方、警視庁捜査一課では“小口誘拐”の捜査が突然打ち切られる。
その裏で見え隠れする人事課の環の怪しい動きに不可解なものを感じる鏑木護だが、
捜査一課長の浜村にはこの件への介入を止められる。

いったい環とは何者なのか…
密かに調べ始めた鏑木は、環が警察を退職している者の多くに接触していることを知る。
今は警察から遠ざかっている武藤も環に利用されているのではないか。
鏑木は武藤に会い、「警察に戻ってきたらどうだ」と告げるが、
武藤はかつて復讐のために人を殺そうとした自分にその資格はない、と答える。
とにかく環に関わらない方が良い、と忠告することしかできない鏑木だが、
環と対峙した鏑木は語気を強める。「武藤には手を出すな」



磯村咲子が玩具の商品開発モニターのバイトをしているマンション

マンション
武藤が環を待っていた駐車場
神奈川県横浜市中区長者町9丁目176
パーク600福富町

武藤が田村に話を聞いた公園
新宿区西新宿2丁目11
新宿中央公園
真梨子が男たちに声を掛けられた通り
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町4丁目
後藤がいたカラオケ店
神奈川県横浜市中区末広町3丁目95
カラオケ パセラ 横浜関内店
咲子と咲子を尾行する武藤が入った競輪場
神奈川県川崎市川崎区富士見2丁目1
川崎競輪場

鏑木が環と話をしたビルの屋上
千代田区内幸町1丁目1
NTT日比谷ビル
後藤が住むアパート
1話へ← →3話へ ↓各話へ
1  2  3  4  5  6  7  8

撮影協力
YS-HOME、PaselaResorts、NTT Communications
株式会社ハマロケ、株式会社横浜シーサイドライン
デイ・ナイト株式会社、川崎ケイリン、パーク600福富町
日野市、日野映像支援隊、SOTETSU、Farm House
株式会社アートワークスラパン、さがみはらフィルムコミッション
頂いた情報の更新
後藤がいたカラオケ店
戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system