-



犯罪症候群Season1 4話 ロケ地

4話「翻弄」
2017.4.29

武藤が警察を辞めたことのショックを今だに引きずる娘・真梨子は、
前にもまして反抗的な態度を取るようになっていた。
妻・雅恵は、警察を辞めた本当の理由を話してはどうかと提案するが、
武藤は…「あの時の俺は警察官どころか…人間ですらなかった」
人を殺そうとまで思いつめた過去を、娘にどう話せばいいというのか…
武藤の苦悩は尽きなかった。
そんな父親の苦悩をよそに、真梨子の帰りは日に日に遅くなる。
普段の娘からは想像もできないその様子に、ただただ心配することしかできない…。

一方で、環は、最近失踪した小沼豊という男を探すよう武藤に命じる。
武藤が理由を尋ねても「追えばわかります」と煙に巻くばかりで
環は何も答えようとしない。
環から手渡された一冊のファイルには、失踪した若者の写真がズラリと並ぶ。
これは一体…。

武藤は小沼を追うが、
通っていた大学で小沼の友人に聞き込んでも、誰もが彼の話題を避ける。
小沼が姿を消した直後、
人相の悪い男たちがその行方を学生たちに問いただしていたため、
小沼の話題は警戒されているのだ。

小沼が住民票を転々としていることが判明し、
最終的にたどりついた住所に小沼は確かにいた。
しかし、小沼の写真をアパートの大家に見せると、「誰これ?全然違う人だよ」と。
これは一体どういうことなのか…小沼は別人と入れ替わっている?
見張りを続ける武藤は、小沼の部屋から出てくる別人の男の姿を発見する。
その顔は、環から依頼された失踪ファイルに載っていた吉住計志の写真で…。

これはただの失踪事案ではない。
武藤は、巧妙に仕組まれた恐るべき犯罪の影に迫ろうとしていた。
そんな中、環から渡された失踪人の資料を調べ直していた武藤は、
ある人物を見つけて凍りつく。
その人物の記憶は、武藤の忌まわしい過去へとつながっていた…。
彼女の元を訪れた武藤は…「私は、あなたの弟さんが殺害した女性の…兄です」


武藤が環に小沼豊を追う様指示を受けた駐車場
神奈川県横浜市中区長者町9丁目176
パーク600福富町

武藤が訪れた明和大学
東京都日野市大坂上4丁目1
実践女子大学

環が車を停めて見ていたライブハウス
神奈川県横浜市中区山下町31
Club Lizard

武藤が訪れた小沼のアパート

アパート
吉住計志が勤めるトライゲームズプラス

武藤が吉住と話をした喫茶店
千代田区神田美倉町1
カフェ ビィオット

吉住が小沼として住民票をとった区役所
小沼が住民票を取っていた区役所(未確定)
東京都国立市富士見台2丁目47
国立市役所

武藤が吉住の警護を電話で依頼していた歩道橋
吉住の彼女が吉住に電話で話をした場所
台東区上野7丁目1
上野ペデストリアンデッキ

武藤が訪れた山口早希代のアパート

アパート
武藤が訪れた不動産屋新星エステート
墨田区業平2丁目14
(株)北澤土地
武藤が吉住の彼女からの電話を受けた橋の歩道
江東区佐賀2丁目1
隅田川大橋
3話へ← →5話へ ↓各話へ
1  2  3  4  5  6  7  8

撮影協力
YS-HOME、NTT Communications、実践女子大学
パーク600福富町、デイ・ナイト株式会社、カフェ ビィオット
株式会社ハマロケ、国立市、株式会社北澤土地
株式会社横浜シーサイドライン
戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system