-



遺留捜査 第4シリーズ 4話 ロケ地

撮影協力
六角堂 頂法寺、河端病院、祇をんひつじカフェ
京都東急ホテル、漫遊堂、滋賀県
滋賀ロケーションサービス、ショーカープロ・オノ
東映太秦映画村、東映俳優養成所
あらすじ(公式サイトより引用)

京都財界の有力者・竹原総二郎が、
自宅に押し入った強盗を猟銃で射殺する事件が起きた。
竹原は強盗がナイフで襲いかかってきた際、
はずみで壁にかけてあった猟銃が落ちてきたと証言。
その猟銃を慌てて拾い上げて強盗犯を撃ったと話し、正当防衛を主張する。
だが、玄関にカギがかかっていたこと、
強盗犯は靴を脱いで家に上がっていることなど、不審な点が多々浮上する。

まもなく射殺された強盗犯は、窃盗の前科を持つ石橋啓介と判明するが、
糸村聡は石橋が左手に握っていた金色のチェーンが気になって仕方がない。
科捜研係官・村木繁に鑑定してもらったところ、
そのチェーンは数百円程度のメッキの安物で、
石橋はどうやら死の間際、身に着けていたネックレスを力まかせに引きちぎり、
そのチェーンを左手に握りしめたことがわかる。

その後、糸村は石橋が生前、
そのチェーンに母からもらった宝物のコインをつけてネックレスに加工し、
大切に身に着けていたことを突き止める。

だが、現場にはコインは落ちていなかった。
いったい、コインはいつ消えたのか…!?
1枚のコインの謎から、糸村が秘められた衝撃の真実を暴いていく…!


4話「ちぎれたネックレスに謎!?母の嘘を信じた男!!」
事件が起きた竹原邸
佐倉と雨宮が聞き込みをしていた通り
京都市東山区祇園町北側347
観亀大神前
佐倉と雨宮が聞き込みをしていた山門前
京都市下京区常葉町
東本願寺御影堂門(蓮華型の噴水)の前
34.990948, 135.759907
糸村と神崎がネックレスについて話を聞いた場所
京都府京都市東山区祇園町北側347
祇をんひつじカフェ

石橋啓介が友人と写真に写っていた場所
京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
東映太秦映画村 映画文化館
糸村と神崎がネックレスのコインについて話を聞いた場所
京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
頂法寺 六角堂
糸村と神崎がパンを食べながら話をしていた川原の階段
京都府京都市中京区土手町通夷川上る末丸町284付近
35.015825, 135.771187
金田久雄が連行された居酒屋 とし恵

糸村が自転車で渡った一本橋
京都府京都市東山区石橋町295
白川一本橋
神崎と佐倉が聞き込み訪れた病院
京都市右京区太秦上ノ段町右京区太秦上ノ段町16
河瑞病院
石橋がいたネットカフェ
京都府京都市左京区田中上大久保町5
漫遊堂
石橋が宿泊したホテル
京都府京都市下京区堀川通五条下ル柿本町580
京都東急ホテル
糸村が訪れた関西経済通信社
神崎と佐倉が聞き込みをしていたBar
石橋が電話を掛けた公衆電話
京都市左京区吉田中大路町1
吉田神社南参道前
35.023912, 135.783653
1  2  3  4  5  6  7  8  9

戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system