-



過保護のカホコ 1話 ロケ地

撮影協力
SOTETSU、たちかわ創造舎、駿河台大学
東京医科大学八王子医療センター、櫻心会町会
ヴェレーナシティパレ・ド・プラージュ、SkyCruise
HEXaMedia、ガスト府中中河原店
あらすじ(公式サイトより引用)

保険会社に勤める根本正高の目下の悩みは、
大学卒業を控えて就職試験に落ち続けている一人娘・カホコの将来のこと。
両親から溺愛され、超過保護環境で育てられたカホコは、
未だに母・泉の助け無しには朝起きることも
その日着る服を選ぶこともできない奇跡の箱入り娘。
娘以外のことに関心を持たない妻とカホコの異常な依存関係に危機感を感じつつも、
プリンセスのように笑いかけてくるカホコを甘やかすことをやめられない正高は、
自分も子離れできずにいた。

ある日、同じ大学に通う画家志望の麦野初から
「お前みたいな過保護がいるから日本が駄目になる」と批判されたカホコは、
初めて自分に向けられた棘のある言葉に驚き、意味がわからないままショックを受ける。

そんな中、泉の実家で親戚一同が会するカホコの誕生会が開かれる。
自分たちの教育方針を疑わず、カホコに甘やかしの愛情だけを注いできた
ぬるい大人たちが集まる中、カホコの従姉妹で高校生のイトだけは
類まれなチェロの才能に恵まれ、プロのチェリストになる夢に邁進していた。

自分には自慢できるものがないカホコは、そんなイトをどこか羨ましく、泉は面白くなく思う。
さらに、正高のコネで入社できると思っていた会社からも不採用を言い渡されてしまったカホコは、
泉から就職せずに花嫁修業をすればいいと言われ、あっさり就活をやめてしまう。

それでも、以前初から投げられた「何のために働くのか?」という問いに
答えが見つけられないでいたカホコは、改めて初に働く目的を問い返す。
人知れず自分の絵の才能と将来に不安を感じていた初は、
カホコの透き通った瞳に答えられず、苦し紛れに「働いたこともない奴にはわかるわけがない」と、
労働経験のないカホコに自分のアルバイトを押し付けるが…。
この初との出会いが、今まで眠っていたカホコの「本当の力」を目覚めさせ、
家族間に隠れた問題を次々と解決していく。


1話「」
根本正高が出てきた駅
神奈川県横浜市泉区緑園3丁目1
緑園都市駅

根本家のマンション

根本加穂子が通っていた小学校
東京都立川市富士見町6丁目46
たちかわ創造舎(旧多摩川小学校)

加穂子が通う稜青大学
埼玉県飯能市阿須698
駿河台大学 飯能キャンパス
母・泉の実家 並木家

父・正高が勤務する双葉生命
渋谷区恵比寿1丁目19
恵比寿ビジネスタワー
正高が毎回、運転を交代させられる橋
江戸川区松本2丁目7
鹿本橋

父・正高の実家のビル
北区赤羽2丁目17
佐々嶋ビル
稜青大学 アトリエ棟
加穂子がティッシュを配っていた場所
埼玉県川口市川口1丁目1
キュポラ広場
加穂子がピザを届けに行ったマンション

並木衛が勤務する交番
品川区南品川1丁目3
旧交番跡
並木厚司が勤務する病院
東京都八王子市館町1163
東京医科大学八王子医療センター
加穂子と麦野初がいたファミレス
東京都府中市住吉町1丁目15
ガスト府中中河原店
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system