-



過保護のカホコ 5話 ロケ地

撮影協力
駿河台大学、三郷市、三郷市立彦郷小学校、日野市
日野映像支援隊、SOTETSU、平成学園はら幼稚園
株式会社in field
あらすじ(公式サイトより引用)

カホコと泉が都合のいい時にだけ自分を頼り、
スポンサーとしか思っていないことにキレた正高は家を飛び出す。
心配するカホコをよそに泉は「反省するのは正高の方だ」と主張し、
正高に連絡することを禁じる。
一方、実家に身を寄せた正高は、出戻りの妹・教子から煙たがられ、
生気の無い両親のもとで居心地の悪さを感じるが、
妻と娘の方から謝ってくるだろうと意地を張っていて…。

初から絵のモデルを頼まれたカホコは、
親に甘えるのをやめて将来のことを考えるいい機会なのではと助言される。
社会経験を積むためにアルバイトとインターンを探し始めたものの、
当然のようについてきた泉が勝手に職場を決めてしまうばかりか、
失敗ばかりするカホコを見ていられず、仕事でも手助けしてしまう…。

そんな中、親戚の間でもトラブルが続発!
衛との今の幸せが壊れることに不安を感じる環は喘息で病院に運ばれ、
チェロが弾けなくなり非行に走ったイトは警察に補導される。

再び初に相談したカホコは、初が自分を捨てた母親に
今でもただならぬ思いを抱いていることを知る。
問題だらけの親戚のため、そして家族のいない初のために
何かできることがないかと考えるカホコに成長を感じた祖母の初代は、
カホコを信じて子離れするよう泉に助言をするが…。

同じ頃、カホコからの連絡に待ちくたびれ、途方に暮れた正高の元にカホコが現れる。
喜ぶ正高だが、カホコは家に帰ってきてほしいと言い残し、
全速力で姿を消してしまうのだった…。

カホコはもう一人、自分が救いたい初の元へ向かっていた…。


5話「無力」

加穂子がチャージ不足で買い物できなかったコンビニ
千代田区神田錦町3丁目3
生活彩家 神田錦町店

加穂子が学童保育のバイトをする事になった小学校
埼玉県三郷市彦成3丁目8
三郷市立彦郷小学校

加穂子が通っていた幼稚園
神奈川県横浜市瀬谷区阿久和西3丁目36
平成学園はら幼稚園
加穂子が駆けつけた城内医療センター(外観)
東京都八王子市館町1163
東京医科大学八王子医療センター
加穂子が駆けつけた城内医療センター(内部)
補導された糸を迎えに行った瀬塚警察署(内部)
神奈川県川崎市多摩区菅仙谷3丁目20
生田スタジオ

瀬塚警察署(外観)
神奈川県川崎市川崎区藤崎3丁目5
トークピア川崎

麦野がバイトしていた場所
東京都日野市万願寺5丁目22

加穂子が絵の具を探した橋の下の川
東京都日野市万願寺5丁目22
万願寺歩道橋(ふれあい橋)の下
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system