-



刑事7人 第3シリーズ 5話 ロケ地

5話「追想」
2017.8.9 10.2%
あらすじ(公式サイトより引用)

60〜70代とみられる身元不明の男性が、腹部を刺されて死亡した。
まもなく検死の結果、被害者は末期がんを患っていたにもかかわらず、
医者にかかっていなかったことが判明。
さらに、顔を整形し、“田中一郎”という偽名を使って暮らしていたことが分かる。
しかも、復元した整形前の顔を照合すると、ありえない結果が出る。
なんと、12年前に火災事故で死んだ稲留純一という男性と一致したのだ!

田中の正体は本当に稲留なのか…?
だとすれば、12年前に死んだのは誰なのか…!?

天樹悠ら「第11方面本部準備室」の面々は真相を求め、捜査を開始。
12年前の火災事故現場へ向かった天樹と青山新は、
近所に住む目の見えない老女・馬場節子から、奇妙な話を聞く。
火事の後、辺り一帯の住人たちが口々に「稲留さんは祟られた」と言い、
引っ越して行ったというのだ。

一方、被害者が2週間前まで勤めていた倉庫で聞き込みを行った
沙村康介と水田環も、不穏な話を耳にする。
なんでも、被害者は人を殺したと噂されていたらしい…。

やがて被害者の携帯電話が見つかり、
被疑者として最大手デベロッパー企業の都市開発部部長・福田英明が浮上する。
だが、福田は完全否認し…!?

そんな中、地道な捜査を続ける天樹の脳裏に
“捜査を根本から覆す見立て”がよぎる…!

5話ゲスト
馬場節子/草村礼子
稲留純一/綾田俊樹
福田英明/石橋保
久喜鉄平/米村亮太朗
馬場家
稲留純一の遺体が発見された路地
練馬区東大泉2丁目34
東映東京撮影所
稲留が住んでいたアパート
沙村と環が聞き込みに訪れた工場
埼玉県八潮市古新田439
貴先建設
帝耀地所

福田英明が出てきた有川陽子が住むマンション

マンション

福田がいた喫茶店
練馬区大泉学園町3丁目19
BANFF
防犯カメラに映っていた福田が寝ていた駐車場
稲留が職質を受けた通り
埼玉県草加市中央1丁目1

青山が聞き込みに訪れた交番
埼玉県草加市吉町1丁目1
安全安心ステーション
4話へ← →6話へ ↓各話へ
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

撮影協力
株式会社第一ビルディング、株式会社右川ゴム製造所
貴先建設株式会社、吉田住宅サービス、BIEN-ETRE、Exeie
ヤマト不動産、草加市、みはし株式会社、華飾市場スタジオ
刑事7人 第1シリーズ
刑事7人 第2シリーズ
戻る   TOPに戻る



inserted by FC2 system